注射器と手

肺がんになったら

肺の調子がおかしいなと思ったらすぐに呼吸器内科に行きましょう。もしかしたら肺がんの可能性もあります。肺がんでなくても腫瘍があるかないかがわかるので安心できます。肺の病気は肺がん以外にも肺結核などもあります。

この記事の続きを読む

医師と手袋

生活に困らない

普段の生活を脅かす腰部脊柱管狭窄症は腰に負担がくる病気で私生活に支障をきたすことでも知られています。しかし緩和効果があるアイテムの使用をすることで楽になるでしょう。そして治療方法も充実しています。

この記事の続きを読む

屋上の医師と看護師

注意が必要

脳動静脈奇形とは脳の血管が上手く形成されない先天性障害です。先天性のため、これを飲めば治るという薬がありません。治療法としては開頭手術で問題の血管を摘出する方法です。奇形の部分に血液が流れないようにすることが治療になります。

この記事の続きを読む

身近なフコダイン治療

つり下がった点滴

 モズクやワカメなどの海藻類に付いているネバネバの成分をフコイダンと呼ばれており、医療業界ではこれを使用した治療が行われています。これをフコイダン療法と呼ばれていますが、治療をする際に工夫すると得られるメリットについて紹介をします。  一般的に知られている作用はがん治療が多いですが、それ以外の健康食品と合わせて利用するとさらに効率よく摂取が可能です。例えば眼精疲労などに効果があるブルーベリーサプリと合わせて利用すると、2つの作用を同時に得ることが出来ます。このようにフコイダン療法では他のサプリメントと並行利用が可能であり、副作用についてもほとんどないです。なので積極的に他のサプリメントと合わせて利用することにより、病気になりにくい体質を作ることが出来ます。

 医療業界ではがん治療に効果のある施術としてフコイダン療法に注目しており、利用者についても今急増中となっています。そこで医療業界などが行っている現在の取り組みには、いったいどのような内容があるのかを紹介します。  フコイダンという成分はあまり知られていない傾向がありますが、これはワカメや昆布などに含まれている成分となります。そのため私たちの生活においてとても身近な成分であるため、この栄養価についてイメージしやすくなっています。またがん治療効果以外にも血圧の正常化や便秘解消などが得られるため、これらの点においても宣伝を行っています。なので医療業界が行っている取り組みとしては、がん治療以外にも便秘解消などの効果が得られることをPRしています。それによってフコイダン療法について、より身近な治療法の一つにしていくという取り組みや狙いがあります。